骨粗鬆症を予防しよう|そもそもの原因を知っておこう

病院

若い世代にも増える骨折

院内

若い世代にも骨粗鬆症予備軍が増えている背景も重なり、医療機関においては予防法としてカルシウムが必要な理由や不足することによる様々なリスクがある点など、情報を共有できる取り組みを行っており、健康をサポートする内容が若い世代から支持されています。

詳細を確認する

骨折を招かない治療

骨粗鬆症の予防に対して意識を高く持ちましょう。骨折をして歩けなくなると健康にも悪影響を及ぼしますよ。

食事による対策

悩む男性

高齢者に起こりやすい転倒による骨折の原因には骨粗鬆症が挙げられており、内科や外科においては個人に適した予防法を提案しています。骨の密度がスカスカになる病気であるのが特徴で、荷物を持ち上げる・尻もちをつくなど、些細な動作によって骨が潰れて骨折を招きます。一度骨折することにより、その部分はもろくなりやすく、みたび骨折しやすい部分となりやすいために予防は必須となります。医療機関において、骨芽細胞に働きかけるために高齢者でも手軽に取り組める内容として、食事による予防の提案を行っています。特に、骨を造る栄養素のカルシウムは、子供の成長を促す目的だけではなく、成人の男女にとっても必要とされる栄養素で、骨を造るためのカルシウム薬も処方してくれます。また、骨量の増加などを妨げてしまう食品についても栄養指導を行っており、特にリンを含む食品やアルコール、塩分の摂り過ぎに注意することを指導では徹底しています。

不足を補う

骨粗鬆症の予防として、内科や外科などの医療機関においては、食事・運動療法などの普段から意識的に組み合わせられる生活習慣、さらに薬物治療が組み合わせられています。特に、高齢者に多い骨の病気として周知されているものの、近年では摂食障害を患う女性にも多い病気として問題視されています。特に拒食症の場合、必要最低限の栄養が摂取できないため、自ずと骨を生成・形成する栄養素も補うことができずに骨がもろくなり、骨粗鬆症を招きます。食事による骨粗鬆症予防として、カルシウムはもちろん、他の食材をバランス良く摂ることによって骨にアプローチできます。特にたんぱく質を摂取する一工夫によって、骨・髪・爪・皮膚などの再生機能は働きやすく、さらに食べる行為によって摂食障害の克服にも繋げられます。

早期発見が大切

病院

若い世代でも骨粗鬆症予備軍は多く、アクティブに活動するためにも予防となる成長を促す栄養を補うことが医療機関でも提案されています。食育指導に力を入れるだけではなく、発症しているのか判断できない骨のトラブルも、検査を受けることで予防に結び付けられます。

詳細を確認する

いつまでも丈夫な骨を

先生

骨粗鬆症とは骨の密度が低下して、骨がスカスカのスポンジのようになってしまう病気のことです。この骨粗鬆症を予防するためには日光を浴びて骨の形成に必要なビタミンDをたくさん作り出したり、バランスのいい食事で骨の材料となるカルシウムをしっかりと摂取することが大切です。

詳細を確認する

Copyright©2015 骨粗鬆症を予防しよう|そもそもの原因を知っておこう All Rights Reserved.